やまざき税理士事務所

これから顧問税理士を置こうと検討されている企業様に向けて東京から情報を発信中

お問い合わせはこちら

ブログ

分かりにくい税の情報を分かりやすく解説しています

様々な情報をお届けしていますのでぜひ定期的にお読みください

企業における税務や個人事業主様の確定申告など、幅広いトピックを分かりやすく記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。税務・会計業務に関するプロフェッショナルとして、東京から有益な情報を発信できるよう努めています。
また、掲載されている内容について気になる点や、より詳しく知りたい点などがございましたら、いつでもお問い合わせいただけます。多くの企業様と契約を結んでいる顧問税理士が、丁寧にご回答いたします。

世界が注目している都知事選でとんでもないことが起きました。一人しか選ばれないのに立候補者が56人。当選を目指しているのか分からない人が立候補して、そのポスターを貼るスペースを広告メディアとし…

少子化が進み、子供がいない家庭が増えています。また、子供に先立たれた方もいらっしゃいます。その場合、想定していなかった方が法定相続人となったり、遺産分割協議書の作成でトラブルになったりする…

政治資金収支報告書の記載漏れが発端で、政治資金規正法改正案が国会で審議されており、領収書を公開する条件の調整に苦労しているようです。しかし、政治資金収支報告書の記載は枝葉末節です。本質の問…

「税務署からのお知らせ」というタイトルで、次のようなメールやショートメッセージが突然来ることがあります。【登録情報の確認、秘密の質問等の登録に関するお知らせ】【e-Tax個人アカウントの登録確認…

相続税の計算の際、相続開始(被相続人が亡くなられた日)前7年以内に相続人が贈与を受けていた場合は、その贈与財産の価額を課税価格に加算するルールがあります。7年以内の贈与には相続税が課せられ…

相続税・贈与税を計算する際の分譲マンション評価額の算定方法が改正されました。改正前は、固定資産税の評価額を使うなどとされており、時価(現在の不動産市場での価格)の6割程度の低い額になってい…

2年前(基準期間)の売上高1,000万円以下の個人事業主は、消費税の納税が免除され、その数は約460万人でした。そして、2023年10月からのインボイス制度開始に伴って約120万人がインボイス登録して新たに…

令和6年に「定額減税」が実施されます。賃金上昇が物価高に追いつかない国民の負担を緩和するためです。基本的に、納税者本人及び同一生計配偶者又は扶養親族(居住者に限る)一人当たり、所得税額から3…

日本で働く外国人は2022年10月現在で182万人。人手不足が進む中で外国人が在留カードを取りやすくなり、今後も外国人雇用者数がますます増えていくと予想されます。そして、日本に住む外国人は日本で所得…

税務調査

2024/01/29

税務調査とは、申告内容が正しいかどうかを税務署が調査することです。税務署から「そちらに調査に伺います」との連絡が来たら、すぐに顧問税理士に連絡しましょう。基本的に税務調査の事前通知は顧問税…

従業員の方の給与計算に多くのヒューマンリソースを奪われてしまっている企業様は多くいらっしゃいますが、そういった業務の一部は税理士にお任せいただけます。これまでに関東エリアの多種多様な企業様から業務の代行をご依頼いただいており、税務や会計業務に関することなら幅広く対応できます。更に、決算業務や確定申告なども税理士が得意とする分野ですので、アウトソーシングについて検討されている場合は一度ご相談いただくことをおすすめいたします。
また、これまでに培ってきたノウハウの一部や、多くの方に知っていただきたい税の知識などを記事としてまとめていますので、ぜひチェックしてみてください。多種多様な企業様・事業主様をサポートしているスペシャリストだからこそお伝えできるレベルの高い内容となっていますが、随時解説を挟み、読みやすくなっています。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。